環境関連資格集

資格の中でも環境に関わる資格を紹介しています。
地球温暖化やそれにともなうであろう気象の変化などが身近に感じられる現在、環境への意識は強まりつつあります。ライフスタイルにも変化がある今、自然や環境に関わる仕事や環境教育などの指導的役割は重要です。
環境に関する資格の中には公害を教訓にできた資格もあり、これまでに実績を重ねてきた経緯もあります。また、環境教育に関する資格や自然に向き合う資格も重要な役割を担い、今後の活動に期待が寄せられます。

この環境関連資格集では、国家資格・民間資格という枠にはとらわれずに、広く自然や環境に関するものを紹介しています。環境に関する資格取得を目指す人、興味がある人の参考になれば幸いです。

-スポンサードリンク-

eco検定

【概要】
環境に関する技術やモノづくりは日々研究が進み、社会としてのシステムづくりも着々と進められています。しかし、それらを動かし、享受するのはまさに“人”です。環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人づくり”、そして環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指すのが「環境社会検定試験®(eco検定)」です。
(東京商工会議所)

eco検定は『地球環境』 『自然』 『リサイクル』などの分野から問題が出題されます。高校生レベルの知識を問うもので、上記の分野から90問程度出題され合格のラインは70点。

第1回『eco検定』では、申込者が15.166名、受験者が13.767名、合格者が11.025名で合格率が80.1%でした。日常生活でも環境に配慮した生活方法を学ぶことができるのがeco検定で、級の区分はありません。


【受験資格】
学歴や年齢など不問。
どなたでも受験することができます。


【試験について】
-合格基準-
100点満点中、70点以上が合格。

-出題方式-
マークシート方式。
制限時間2時間

-出題範囲-
公式テキスト(東京商工会議所編)の基礎知識と、このテキストを理解した上での応用力を問う。
出題範囲は、基本的に公式テキストに準じ、最近の時事問題などについて環境白書・循環型社会白書などからも出題予定。

-公式テキストより-
●わたしたちの地球と自然環境
地球の生い立ち、大気・海と川・土壌と森林の役割、地球環境と生態系など。

●環境問題の実態
公害問題、大気汚染・水質汚濁・土壌汚染、地球温暖化、生物多様性、エネルギー消費の実態など。

●環境をめぐる世界の動き
地球サミット、気候変動・生物多様性・環境問題に対する国際的な取組み、循環型社会(3R推進)

●環境と社会
環境基本法、公害防止技術、再生可能エネルギー、化学物質の環境リスク対策など。

●環境と経営
CSR、環境マネジメントシステム、環境アセスメント、排出量取引、温室効果ガスの排出状況など。

●環境と商品
グリーン購入、ライフサイクルマネジメント、環境ラベルの種類など。

●豊かな食事と環境の関係
日本の食料自給率、農商工連携・6次産業化、フードマイレージ、地産地消、旬産旬消、食育など。

●自然と共生した住環境
住まいの変遷、シックハウス症候群、VOC、スマートシティ、エコ住宅とコミュニティなど。

●生活と環境
生活排水、ごみの排出、ソーシャルビジネス、エコツーリズムなど。


【2015年試験日程】
-第18回-
2015年7月26日(日)

-第19回-
2015年12月13日(日)


【受験料】
5,400円(消費税込み)


【お問い合わせ先】
東京商工会議所
〒100-0005 
東京都千代田区丸の内3-2-2


-スポンサードリンク-