環境関連資格集

資格の中でも環境に関わる資格を紹介しています。
地球温暖化やそれにともなうであろう気象の変化などが身近に感じられる現在、環境への意識は強まりつつあります。ライフスタイルにも変化がある今、自然や環境に関わる仕事や環境教育などの指導的役割は重要です。
環境に関する資格の中には公害を教訓にできた資格もあり、これまでに実績を重ねてきた経緯もあります。また、環境教育に関する資格や自然に向き合う資格も重要な役割を担い、今後の活動に期待が寄せられます。

この環境関連資格集では、国家資格・民間資格という枠にはとらわれずに、広く自然や環境に関するものを紹介しています。環境に関する資格取得を目指す人、興味がある人の参考になれば幸いです。

-スポンサードリンク-

環境再生医

【概要】
「環境再生医」とは、対象となる“環境”の復元・再生に際して、あたかも町医者のように、環境の現状を診察(調査・診断)し、処方(対策の計画)をたて、治療(施術・施工)をほどこし、さらにその後のケアー(維持管理)を継続的に行う環境分野の専門家のことです。

平成15年に制定され、行政官・研究者・企業実務者・市民活動家など現在全国で約3,000名の環境再生医がいろいろな分野で活躍しております。

本資格は専門技術者を育てるだけの資格ではなく、むしろ自身の専門性に加え、環境に対する理念と展望を持って、環境再生現場における協働の取り組みや合意形成を推進し、さらには環境教育・学習や社会啓発活動にも係わっていける人材の育成を主要な目的としています。

その目的のため、本協会は全国に「環境再生医の会」をつくり、人材・情報ネットワークの整備を進めています。こうしたネットワークが、社会参加と学習の機会を提供し、これからの環境再生に求められる新しいタイプのリーダーを、全国の各地域で養成していくことを目ざしています。
(認定NPO法人 自然環境復元協会)


【環境再生医の種類】
•環境再生医(初級)
環境再生に関し、自己の研さんに努め、その理念と一定の知識を持って活動や実務を推進、または指導者を補佐する。

•環境再生医(中級)
環境再生の実務にあって、一定の範囲を担当しつつ、主体的にプロジェクトや啓発などの推進に当たる。

•環境再生医(上級)
環境再生に関する実務を直接担当し、プロジェクトの総合的な推進、また啓発・教育に指導的・中心的役割を担う。


【受験資格】
・初級は2年以上の実務経験が必要。
・中級は5年以上の実務経験、もしくは初級資格取得後3年以上の実務経験が必要。
・上級は10年以上の実務経験、指導経験2年以上、かつ環境再生医中級取得年度の翌年度以降に受験が可能。


【試験について】
講習40分と試験15分、合わせて55分が1単元。
本資格認定講習は講習+試験を1単元とし、初級は5単元、中級は2日間で10単元を実施。

初級50点満点で30点以上が合格ライン
中級100点満点で70点以上が合格ライン


【受験料】
初級: 15,000円
中級: 25,000円
上級: 35,000円


【お問い合わせ先】
認定NPO法人 自然環境復元協会
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-3-13-301(第2天台ビル)




-スポンサードリンク-