環境関連資格集

資格の中でも環境に関わる資格を紹介しています。
地球温暖化やそれにともなうであろう気象の変化などが身近に感じられる現在、環境への意識は強まりつつあります。ライフスタイルにも変化がある今、自然や環境に関わる仕事や環境教育などの指導的役割は重要です。
環境に関する資格の中には公害を教訓にできた資格もあり、これまでに実績を重ねてきた経緯もあります。また、環境教育に関する資格や自然に向き合う資格も重要な役割を担い、今後の活動に期待が寄せられます。

この環境関連資格集では、国家資格・民間資格という枠にはとらわれずに、広く自然や環境に関するものを紹介しています。環境に関する資格取得を目指す人、興味がある人の参考になれば幸いです。

-スポンサードリンク-

気象予報士

【概要】
気象業務法が改正(平成5年)され、民間でも独自に天気予報ができるようになりました。これに伴い、予報(予測)の質の向上を図るために、気象予報制度が導入されました。

気象予報士は気象の予想に関する専門家として、気象庁長官の許可を受けた予報業務許可事業者の一連の業務のうち、予想の業務を担当することが認められた国家資格です。

気象に興味がある人は多く、受験に際し年齢制限等がないために、小学生の気象予報士が誕生したことも話題になりました。


【資格区分】
国家資格


【受験資格】
年齢、学歴等の受験資格の制限はありません。


【試験の概要】
試験は学科試験と実技試験があります。

-学科試験-
予報業務に関する一般知識と予報業務に関する専門知識があり、原則として5つの選択肢から1つを選択する多肢選択式によるものとします。

<学科試験の科目>
①予報業務に関する一般知識
大気の構造・大気の熱力学・降水過程・大気における放射・大気の力学・気象現象・気候の変動・気象業務法その他の気象業務に関する法規

②予報業務に関する専門知識
観測の成果の利用・数値予報・短期予報・中期予報・長期予報・局地予報・短時間予報・気象災害・予想の精度の評価・気象の予想の応用

-実技試験-
文章や図表で解答する記述式です。

<実技試験の科目>
①気象概況及びその変動の把握
②局地的な気象の予想
③台風等緊急時における対応


【試験手数料】
11,400円


【試験地】
北海道・宮城県・東京都・大阪府・福岡県・沖縄県


【お問い合わせ先】
財団法人 気象業務支援センター
〒101-0054  東京都千代田区神田錦町3-17東ネンビル


-スポンサードリンク-