環境関連資格集

資格の中でも環境に関わる資格を紹介しています。
地球温暖化やそれにともなうであろう気象の変化などが身近に感じられる現在、環境への意識は強まりつつあります。ライフスタイルにも変化がある今、自然や環境に関わる仕事や環境教育などの指導的役割は重要です。
環境に関する資格の中には公害を教訓にできた資格もあり、これまでに実績を重ねてきた経緯もあります。また、環境教育に関する資格や自然に向き合う資格も重要な役割を担い、今後の活動に期待が寄せられます。

この環境関連資格集では、国家資格・民間資格という枠にはとらわれずに、広く自然や環境に関するものを紹介しています。環境に関する資格取得を目指す人、興味がある人の参考になれば幸いです。

-スポンサードリンク-

NACS_J自然観察指導員

【概要】
NACS_J自然観察指導員は、環境保護団体 「財団法人 日本自然保護協会」が行っている活動の一つです。

(財)日本自然保護協会は、調査研究活動、保護活動、及び普及活動として、自然保護教育を行っており、この活動の一つが自然観察指導員講習会です。

この講習会(2泊3日)では、自然保護の概念、自然観察の考え方、自然の見方・考え方などを系統だてて学ぶことができます。


【資格対象】
満18歳以上 2泊3日の受講が可能な人


【受講料】
約2~4万円


【会場】
全国各地


【2泊3日の日程】
<1日目>
受付・開講
野外実習・・・自然観察会など

室内講義・・・自然保護の考え方、自然保護の目的など

終了

<2日目 >
野外実習
地形・地質、植物、動物、地域文化など地域の自然を特徴づけているものを知る

野外実習・・・自然観察のテーマを考える

室内講義・・・自然保護教育と自然観察会、指導員の役割と理想像、自然観察会の実際など

終了

<3日目>
野外実習・・・自然観察会のテーマ探しとプログラムづくり

野外実習・・・実際に自然観察指導

まとめ

閉講

講習を終了すると、自然観察指導員として登録される。


【お問い合わせ先】
(財)日本自然保護協会・NACS_J
〒102-0075
東京都千代田区三番町5-24



-スポンサードリンク-