環境関連資格集

資格の中でも環境に関わる資格を紹介しています。
地球温暖化やそれにともなうであろう気象の変化などが身近に感じられる現在、環境への意識は強まりつつあります。ライフスタイルにも変化がある今、自然や環境に関わる仕事や環境教育などの指導的役割は重要です。
環境に関する資格の中には公害を教訓にできた資格もあり、これまでに実績を重ねてきた経緯もあります。また、環境教育に関する資格や自然に向き合う資格も重要な役割を担い、今後の活動に期待が寄せられます。

この環境関連資格集では、国家資格・民間資格という枠にはとらわれずに、広く自然や環境に関するものを紹介しています。環境に関する資格取得を目指す人、興味がある人の参考になれば幸いです。

-スポンサードリンク-

生物分類技能検定

【概要】
環境省が管轄の「財団法人 自然環境研究センター」が認定する資格制度で、野生生物に関心がある人を対象に正しい分類知識を得たり、調査や保全を担う人材育成、環境調査の精度向上を目的に創設されました。


【試験について】
生物分類技能検定は1級から4級まであり、年齢、学歴は不問です。
ただし、1級に関しては2級合格が条件となります。

4級・・・野生種、栽培種、家畜、野菜、果物など生物分類の基礎知識

3級・・・基礎知識と身近な生物の分類、区別、スケッチ、標本の作成技術、保管方法に関する技能

2級・・・(動物部門)日本の野生動物を中心に生物学の基礎、分類に対する広範な知識、標本作成技術、生物標本に関する知識。
哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、軟体動物、節足動物、などの動物全般。

      (植物部門)日本の野生植物を中心に生物学の基礎、分類に対する広範な知識、標本作成技術、生物標本に関する知識。維管束植物、植物全般、菌類の一部。

1級・・・生物種の正確な同定能力。同定方法の理解、不明種の適切な取り扱い。
生物種の特徴にあった同定に供しやすい標本、長期保存に適した標本の作製能力、採集方法や標本の管理についての能力。種の保存法、生物技術者として必要とされる法律。


【試験日程】
年1回、級により異なる。


【受験料】
1級:12,000円
2級: 7,500円
3級: 5,000円
4級: 3,000円


【お問い合わせ先】
財団法人 自然環境研究センター
〒110-8676
東京都台東区下谷3-10-10



-スポンサードリンク-