環境関連資格集

資格の中でも環境に関わる資格を紹介しています。
地球温暖化やそれにともなうであろう気象の変化などが身近に感じられる現在、環境への意識は強まりつつあります。ライフスタイルにも変化がある今、自然や環境に関わる仕事や環境教育などの指導的役割は重要です。
環境に関する資格の中には公害を教訓にできた資格もあり、これまでに実績を重ねてきた経緯もあります。また、環境教育に関する資格や自然に向き合う資格も重要な役割を担い、今後の活動に期待が寄せられます。

この環境関連資格集では、国家資格・民間資格という枠にはとらわれずに、広く自然や環境に関するものを紹介しています。環境に関する資格取得を目指す人、興味がある人の参考になれば幸いです。

-スポンサードリンク-

環境管理士

【概要】
環境管理士は環境汚染を排除し生活環境、企業の経営環境の質の向上を進めるための資格です。
環境基本法に基づき、企業経営の安定と環境保全、地域住民の生命と財産を守ることを主たる業務とし、環境循環型社会の構築に寄与することを目的としています。


【資格区分】
国家資格


【資格取得方法】
通信講座、検定試験、通学教育の3つの方法があります。

-通信講座-
<受講資格>
18歳以上

<履修分野>
環境管理士の資格を取得するには次の履修分野のうち、一分野、または全(三)分野を修了しなければならない。

<履修期間>
一分野目につき1ヶ月、全三分野最短3ヶ月で修了可能。

<資格区分>
環境管理士の資格は修了した分野数によって4級、3級、2級の区分がある。
また修了時には修了試験の解答、受講状況など厳正な資格審査が行われます。尚、1級は検定試験会場で行われます。

一分野修了した場合・・・4級
二分野修了した場合・・・3級
三分野修了した場合・・・2級

<受講料>
4級 16,000円(一分野受講料)
3級 23,000円(二分野受講料)
2級 33,000円(三分野受講料)


-検定試験-
3級/出題科目
環境の歴史
環境関連法規
環境と化学物質
地球環境、自然環境
生活環境、資源環境
大気環境、水質環境

2級/出題科目
環境の歴史
環境関連法規
環境と化学物質
地球環境、自然環境
生活環境、資源環境
大気環境、水質環境
騒音振動環境
土壌地盤環境
悪臭環境、環境政策
環境アセスメント
環境マネジメント

1級/出題科目
環境の歴史
環境関連法規
環境と化学物質
地球環境、自然環境
生活環境、資源環境
大気環境、水質環境
騒音振動環境
土壌地盤環境
悪臭環境、環境政策
環境アセスメント
環境マネジメン


【お問い合わせ先】
日本環境管理協会
〒530-0043
大阪市北区天満2-1-8



-スポンサードリンク-