環境関連資格集

資格の中でも環境に関わる資格を紹介しています。
地球温暖化やそれにともなうであろう気象の変化などが身近に感じられる現在、環境への意識は強まりつつあります。ライフスタイルにも変化がある今、自然や環境に関わる仕事や環境教育などの指導的役割は重要です。
環境に関する資格の中には公害を教訓にできた資格もあり、これまでに実績を重ねてきた経緯もあります。また、環境教育に関する資格や自然に向き合う資格も重要な役割を担い、今後の活動に期待が寄せられます。

この環境関連資格集では、国家資格・民間資格という枠にはとらわれずに、広く自然や環境に関するものを紹介しています。環境に関する資格取得を目指す人、興味がある人の参考になれば幸いです。

-スポンサードリンク-

浄化槽管理士

【概要】
浄化槽の点検、調整、修理などの浄化槽の保守点検を行う専門家を浄化槽管理士といいます。

この資格を取得するには、財団法人 日本環境整備教育センター(環境大臣より試験機関・講習機関として指定)が実施する『浄化槽管理試験』に合格するか、『浄化槽管理士講習の課程』を受けるか2つの方法があります。


◆浄化槽管理試験

【資格区分】
国家資格


【受験資格】
学歴、実務経験一切問わない




【試験科目】
①浄化槽概論
②浄化槽行政
③浄化槽の構造及び機能
④浄化槽工事概論
⑤浄化槽の点検、調整及び修理
⑥水質管理
⑦浄化槽の清掃概論

【受験手数料】
20,200円


【試験地】
宮城県、東京都、愛知県、大阪府、福岡県



◆浄化槽管理士講習

【受講資格】
学歴、実務経験一切問わない


【講習内容】
80時間(13日間)。
浄化槽設備士資格取得者で受講一部免除を選択する者は、教科目の①及び④が免除。

-教科目・時間-
① 浄化槽概論 ・・・・・・・・・・・・・8時間
② 浄化槽行政 ・・・・・・・・・・・・・4時間
③ 浄化槽の構造及び機能・・・22時間
④ 浄化槽工事概論 ・・・・・・・・・4時間
⑤ 浄化槽の点検、調整・修理・30時間
⑥ 水質管理 ・・・・・・・・・・・・・・10時間
⑦ 浄化槽の清掃概論・・・・・・・・2時間

-考査-
最終日に上記①から⑦までの全教科目全般にわたって行い、考査時間を行う。
受講一部免除を選択した者であっても考査についての免除はない。


【受講料】
129,700円
(*浄化槽設備士資格取得者で受講一部免除を選択する者 120,200円) (教材費含む)


【開催地】
東京・宮城・愛知・大阪・福岡・熊本


【お問い合わせ先】
財団法人 日本環境整備教育センター
〒130‐0024 東京都墨田区菊川2-23-3



-スポンサードリンク-