スポンサードリンク

Top >  エネルギーとライフスタイル >  エタノール混合燃料

エタノール混合燃料

最近の新エネルギーの話題として注目されているのが、エタノール混合燃料です。これは、ガソリンにエタノールを混ぜたもので、自動車の燃料として使いCO2排出を抑えようというものです。

エタノールは、サトウキビやトウモロコシなどから生成されるアルコール分で、CO2の排出はガソリン等より少なく『CO2フリー』(*1)として環境面ですぐれた燃料として期待されています。

自動車にエタノール混合燃料を使用していること関しては、ブラジルが最先端を進んでいます。また、世界最大のエタノール輸出国ともなっています。

ブラジルで走る自動車のほとんどがエタノールが混ぜられた燃料が使用されています。更に、アメリカ、日本、欧州でも研究が進み、実用化へ近づいています。日本では、2008年にはエタノール混合燃料(E10)へ転換する方針を環境省と経済産業省が決定しています。
(*E10とはガソリンにエタノールを10%混合した燃料)


研究は進んでいる様子
エタノールの研究は、草などを原料とした『ソフトバイオマス』の実用化に向けて世界で、もちろん日本でも『稲ワラ』を利用するなど研究が進んでいるようです。ソフトバイオマスとは、アメリカのエネルギー省の造語で、ソフトに対して『ハードバイオマス』もあります。ハードは木材などの固い素材が原料となるものです。

今後、先に実用化がされるのはソフトバイオマスのほうで、ガソリンとの混合割合がE10よりも柔軟な対応ができるように進んでいく様子です。


(*1)『CO2フリー』
エタノールは全くCO2を排出しない訳ではなく、いわゆる万能エネルギーではありません。しかし、エタノールの原料となる植物が成長する過程でCO2を吸収することから、全体として排出されるCO2は相殺されるという理論から『CO2フリー』といわれています。


蒸留するときのエネルギー
エタノールを作る過程の中で蒸留があります。
このときに大量のエネルギーが使われているため、必ずしもCO2削減に役立っていないとの見方もあります。また、トウモロコシ、大豆や麦といった食料を原料とすることは環境や食糧不足を招く原因の一つとなるためマイナス影響が大きいとする考え方もあります。

日本では、草や廃材を原料としてエタノール生産ができるように研究されているようですから、少なくとも食料を犠牲としたエネルギー生産はしていないのではと思います。

スポンサードリンク

関連エントリー

資源と日本 石油統計(平成20年5月分) 省エネ法 日本の発電 新エネルギー 風力発電 太陽光発電 地熱発電 メタンハイドレート エタノール混合燃料 バイオマスエネルギー エネルギー過去の出来事 関連サイトの紹介


☆ご訪問ありがとうございます☆
☆節電編 pickup☆
0057.gif 『真夏日』との予報も。
衣類の調整で体調に気をつけて。

冷房 省エネのコツ!

0057.gif いつもありがとう!
年中無休の冷蔵庫も省エネ運転☆

冷蔵庫 省エネのコツ!

0057.gif パソコンは省エネモード!
毎日使うパソコンも省エネ☆

パソコン 省エネのコツ!
☆生活編 pickup☆
0057.gif 上手に省エネ。保温と節水☆
そして、のんびりバスタイム♪

お風呂 省エネのコツ!

0057.gif まとめ洗いで節電と節水☆
お日さまの力で省エネ乾燥☆

洗濯 省エネのコツ!

0057.gif 電気を使わずきれいにお掃除
でも、労力は省エネしない♪

掃除 省エネのコツ!
☆自動車編 pickup☆
0057.gif 年々、自動車の燃費は向上していますが、経済運転でエコ運転の達人!
経済運転のコツ!

0057.gif ハイブリッドや電気自動車などの登場でエネルギー消費が少なく☆
低公害車について

みんなで止めよう温暖化!
banner_rectangle.gif

電力使用状況
電力各社のリンク集です。
電力使用状況などの確認に。

電力使用状況(電力各社)

CO2削減!がんばろう家庭部門☆
無理なく、無駄なく上手に省エネ。
家庭でできる!省エネのコツ!

aicon_japan02.gif